壁面緑化のデメリットなどについて詳しく丁寧に解説するサイト『壁面緑化導入の覚悟』

●●●メリットも●●●

【建築緑化のメリット】

このように建物緑化には手間やコストがかかりますが、メリットも多くあります。
ヒートアイランド現象を緩和するために建物緑化を促進している地方自治体もあります。
特に都市部においては、屋上緑化や壁面に植栽を施すことで樹木の減少を補っています。
ここでは壁面緑化の長所や良いところも紹介します。

【直射日光】

壁面緑化は外壁に面した部分にネットやワイヤーを設置して、そこにツタなどつる状の植物
をはわせることで緑化を行います。
直射日光が建物に当たらなくなり、外壁面の温度上昇を抑えることが出来ます。
これには建物の空調費の軽減を図ることができ、省エネ効果もあります。

【水蒸気】

植物が発生させる水蒸気が気温を下げますので、夏の暑さをやわらげてくれます。
一方冬には、緑から蒸発する湿気が潤いを与えてくれます。
乾燥しがちな時期でも、壁面緑化された住宅の近くでは湿度が高めとなります。
また窓から緑が見えるので、心理的に落ち着く効果もあります。

【ヒートアイランド】

温度変化を緩和する効果で、ヒートアイランド現象を緩和することにも繋がります。
地域によっては補助金が付く所もあるほど、地球規模では重要なことなのです。

【小規模工事】

屋上緑化に比べて、簡単に始めることができるのが壁面緑化です。
後付でも工事がしやすいところも特徴です。
屋根の緑化と違いネット状の部分を固定するだけなので後付しやすいのです。
導入時には小規模な工事だけですので、すぐに始めることが出来ます。