壁面緑化のデメリットなどについて詳しく丁寧に解説するサイト『壁面緑化導入の覚悟』
壁面緑化のデメリットなどについて詳しく丁寧に解説するサイト『壁面緑化導入の覚悟』

地球温暖化防止や省エネ対策の重要さが考えられてきたこの時代で、壁面緑化が流行になり
つつあるようです。
壁面緑化とは、ビルなどの建築物の壁面に植物をはわせるものです。
この壁面緑化や屋上緑化の導入が活発になっているのは、省エネ対策や環境問題の対策に
大きなメリットがあるからです。

しかし壁面緑化には、メリットだけではなくデメリットもあります。
このサイトでは壁面緑化で注意すべき、デメリットについて説明をしています。
壁面緑化を導入する前に、一度お読みになってはいかがでしょうか。

植栽技術

特に都市部では緑地部分の割合が多くなるように計画して、出来るだけ多くの緑に囲まれた環境で生活をしたいものです。

つる植物

壁面に貼り付いて成育できる種類の植物、あるいは支柱などにからみついて成育できる植物を選ばなければなりません。

保守管理費

屋上緑化と壁面緑化は、緑化施工と植栽の保守管理に費用がかかります。緑化に伴って建築物の重量が増加すると、建物の構造強度を上げなければなりません。

建築緑化のメリット

このように建物緑化には手間やコストがかかりますが、メリットも多くあります。ヒートアイランド現象を緩和するために建物緑化を促進している地方自治体もあります。

壁面緑化

壁面緑化は家屋の外壁面の温度上昇を抑えることで劣化を遅延させ、ヒートアイランド現象の緩和にも効果がある素晴らしい手法です。

常緑植物

壁面緑化でよく使われる植物にナツヅタがありますが、これは冬の間は葉が落ちてしまい、枯れたようになってしまいます。